芸能人美容整形 芸能人やモデルのように♪

鼻整形:プロテーゼ(インプラント・人工軟骨)法

整形プロテーゼ(インプラント・人工軟骨)法

バランスの良い美しい筋を作るために、形や高さが微妙に異なった数十種類のプロテーゼ(人工軟骨)を使用するプロテーゼ法は現在整形において主流となっています。
やアゴに入れるプロテーゼ(人工軟骨)は、人体に無害で安全性の高い医療素材です。
に入れるプロテーゼ(人工軟骨)にはL 型・I型があります。
L型とI型のプロテーゼL 型は背〜尖〜橋までの長さがあるプロテーゼ、I型は背のみの長さのプロテーゼです。
それぞれに特徴や違いがあります。基本的にはを整える際には、連続的に綺麗な形には整いません。
I型の場合は途中で切れていますので、段差が生じやすいです。
背のみ低い人にはI型プロテーゼ尖もしっかり高くしたい場合には、L型プロテーゼと言われていますが、そう単純なものでもないようです。
きちんと仕上がりをチェックしましょう。
プロテーゼよりフィットさせるためにプロテーゼを加工しオーダーメイドプロテーゼにすることもできます。
手術は局部麻酔で右側孔内からアプローチ、骨膜と骨の間を剥離してプロテーゼを挿入します。
手術中も鏡であらゆる角度からチェックできます。
プロテーゼは中でズレたり歪むこともなく、最近のプロテーゼは品質もよくなり、ブラックライトで透ける心配もありません。
ご自分で触っても骨との境界は分からないので、他人に気づかれることもありません。
L型プロテーゼが人気ですが、長所は手術後の固定が容易なことです。
I型プロテーゼ尖部耳介軟骨移植を行った場合は、入れたプロテーゼや軟骨の回りの組織が安定してずれないようになるまで、5日間をギプスで固定する必要があります。
L型プロテーゼは左右の翼軟骨の間にうまくはまるため、手術後1〜2日間テープ固定するだけで充分です。
もちろん、L型プロテーゼもメリットだけでなくデメリットもあります。


整形をどちらで行うにしてもきちんと担当の医師と相談してから決めるようにしましょう。


美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3430278
美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る