芸能人美容整形 芸能人やモデルのように♪

ほくろ除去について

ほくろ除去について

ほくろ除去する前に、ほくろとは何かを理解しましょう。
ホクロは医学的に「色素性母斑」といいます。
ほくろは漢字で「黒子」と書きます。
これは、メラニン色素を生成する細胞が急激に増えて集まったものです。
ほくろの大きさは、小さな点程度から直径が約2.〜3センチメートルのものまでさまざまです。
生まれつきのものもありますし、多くの場合は小児期から思春期にかけてよくできます。
中にはホクロが一生増え続ける人もいます。
一度できたほくろは自然には消えません。
女性の場合、ほくろはホルモン量に対応して変化しますので、妊娠中にほくろができる、ホクロが大きくなる、ホクロの色が濃くなるなどの変化がみられます。
ほくろの表面は平らなもの、盛り上がったもの、なめらかなもの、毛が生えているもの、ザラザラしていぼのようなもの、シミのようなものなどさまざまです。
ほくろの数が増えたり、徐々に大きくなるものもありますが、そのほとんどが「良性」です

しかし、ほくろが急に大きくなったり(特にほくろの縁の形が不規則な場合)色が濃くなる、色素が周囲に染み出す、色むらができる、炎症を起こす、ほくろから出血したりする、かゆみがある、痛む、ものでは、稀に「悪性黒色種」(皮膚癌: 悪性黒色腫(メラノーマ))と呼ばれる悪性のものがあります。ほくろの外観は、メラニン細胞が癌化してできる悪性腫瘍である悪性黒色腫によく似ていますし、ほくろが悪性黒色腫に変化することもあります。
これは転移がとても早く悪性度の高いものです。
ですから自分で判断せずにまずは皮膚科などの医師のアドバイスを受けるのが賢明です。
ほくろが10〜20個以上のある人は黒色腫のリスク、ほくろの少ない人より高いので、チェックのための検査を毎年受けるべきです。
ほくろが悪性の癌性であることが判明したら、ほくろの周囲の皮膚を手術で切除する必要があります。
ですので通常のほくろは、美容整形外科でプチ整形の範囲で除去することができ、悪性の場合は皮膚科などの専門医による外科手術の必要があるということですね。
ほくろは、人相 人相学 顔相 手相、ほくろ占いではその位置によって運勢、運命が変わるといわれています。
ほくろ除去するときそういったことが気になる人は、一度、人相 人相学 顔相 手相などの専門家に相談してみるのもいいかもしれませんね。
最近のほくろ除去は、レーザー除去が主流になっています。
すぐにほくろ除去できます。
天然の薬草もぐさを使用したお灸によって、ほくろ除去もできるようです。
ほくろ除去手術は、全国の美容整形外科、病院の皮膚科で行うことができます(東京/大阪/名古屋/福岡/神戸/熊本/札幌など)。


美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3524911
美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る