芸能人美容整形 芸能人やモデルのように♪

ほくろとがん

ほくろとがん

ほくろがガンである悪性の場合、原因は悪性黒色腫(メラノーマ)です。
悪性黒色腫(メラノーマ)は、メラニンをつくり出す皮膚細胞(メラニン細胞)から発生するがんのことです。
メラニン細胞は、色素をつくり皮膚の色を決める色素細胞で、日光がメラニン細胞を刺激すると、メラニンという皮膚の色を濃くする色素がたくさんつくられて、悪性黒色腫(メラノーマ)を発生するリスクが高まります。
悪性黒色腫(メラノーマ)は、皮膚癌の一種で、米国では最も多くみられる癌です。
皮膚癌には主に基底細胞癌、有棘細胞癌(扁平上皮癌)、悪性黒色腫の3つがあります。
ほくろが皮膚癌の原因の少なくとも一部は、長期間日光にさらされることが原因であると考えられます。
皮膚の色が白い人は、表皮で紫外線(UV)を防ぐ働きをするメラニンが少ないため、皮膚がんにかかりやすいといわれています。
多くのほくろのガンである皮膚癌は、早期のうちに治療すれば治ります。
大きくなる(特に縁が不規則な形になる)、色が濃くなる、炎症を起こす、点状に変色する、出血する、そこの皮膚が破ける、かゆみがある、痛む、などの変化をみせた場合は、そのほくろは悪性黒色腫(メラノーマ)のおそれがあります。
数週間しても消えない場合は、皮膚科を受診すべきです。
多くの皮膚がんは、手術でほくろを切除します。
手術ではほくろの周囲の皮膚を腫瘍の縁から最低でも約1センチメートルは一緒に切除します。
しかし、皮膚の中に約0.8ミリメートル以上侵入している悪性黒色腫(メラノーマ)の場合、リンパ管と血管を通じて転移する可能性が非常に高くなります。
転移した悪性黒色腫(メラノーマ)は、致死的なものになることがしばしばありますので甘く見ていけません。


美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3532983
美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る