芸能人美容整形 芸能人やモデルのように♪

しみ(シミ)原因

しみシミ)原因

年齢と共に、色が濃くなり、数も増え、年々気になってくるしみシミ)・ソバカス・くすみ。
いったんしみシミ)ができるとなかなか消えず、しみがある年齢以上に老けて見られてしまいます。
しみとはなんでしょうか?
しみシミ)は、成人女性の顔面にみられる褐色の色素沈着です。
しみシミ)をつくる引き金になるのは、日光(紫外線)と女性ホルモンです。
妊娠時にみられることもしばしばあります。
老人性しみ(老人性色素斑)は、年齢と日光による表皮細胞の老化がもとになって生じる色素沈着です。
しみシミ)は、いったいなぜは出来るのか。
しみシミ)をつくる引き金になるのは、日光(紫外線)と女性ホルモンです。
これは、日差しの強くなる夏にしみの色がやや濃くなり、日差しの弱くなる冬にしみシミ)の色がやや薄くなる傾向があることからも明らかです。
しみシミ)は、皮膚が老化すると、細胞活性が衰えて、メラニンの代謝も悪くなり、色素が皮膚にたまりやすくなります。
日光を大量に浴びると、紫外線を真皮に届かせないようにするために、表皮の一番下の基底部にあるメラノサイトという細胞が活性化されます。
そして新陳代謝のリズムが順調な正常な肌では、部分的にメラノサイトが活発化するとメラニンは表皮細胞とともに皮膚の表面に押し上げられます。
ところが、日焼けした肌は、新陳代謝のリズムが乱れて、メラニン色素がいつまでも肌に残り、皮膚内部に沈着し、この色素がしみシミ)のもとになるわけです。
また、角質層や表皮の上部にメラニン色素がたまった状態になると、「くすみ」となり肌の透明感が失われます。
老人性色素斑では、老化と日光によってダメージを受けた表皮細胞はそのサイクルがおかしくなり、メラニンをうまく捨てられなくなってしまった結果、色素沈着を生じると考えられます。
時間がたつと老人性しみからは、老人性いぼ(老人性疣贅〈ゆうぜい〉)が生じてくることが多いのですが、それは、こういった表皮細胞の老化をもとにして、一種の良性腫瘍(しゅよう)が生じてきたと理解されます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3587638
美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る