芸能人美容整形 芸能人やモデルのように♪

しみ(シミ)取り:美容整形治療種類

しみシミ)取り:美容整形治療種類

市販の薬や美白化粧品などを使っても、しみシミ)が消えない場合は、医師の治療でしか消せないしみシミ)です。
それは厚みやざらつき、深く浸透してしまっているしみシミ)です。
これは、「老人性色素斑」の厚みがあるしみシミ)や「脂漏性角化症」というしみシミ)です。
これらのしみシミ)は、メラニン色素を持つ表皮細胞や角質が厚くなっています。
これらのしみシミ)には、いくら美白化粧品を使っても効果が出ませんが、医師、美容整形外科の治療を受けることでしみシミ)取りをすることが出来ます。
しみシミ)取りの方法として、酸性の薬剤であるハイドロキノンやトレチノイン酸、フルーツ酸、サルチル酸などの外用薬の塗布(ケミカルピーリング:皮膚表面に溜まった古い角質を取り除くピーリング)、光治療、高周波治療、イオン、漂白クリーム、プラセンタ療法、トレチノイン治療、ビタミンCなどの内服薬の処方やレーザー治療などがしみシミ)取り治療として用いられます。
しかし美容整形で、しみシミ)取りをしても、「紫外線防止」を怠っては再発の危険性もあります。
美容整形のもとでしみシミ)取り治療中は、紫外線の影響を受けやすくなってかえってしみシミ)が濃くなることもありますので、紫外線対策は必須です。
アンチエイジング(アンチ(抵抗する)、エイジング(加齢))で、お肌の若さを保ち、さらにはお肌を若返らせるためにもアンチエイジングに関する最新の技術や方法の情報収集は怠らないようにしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3587646
美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る