芸能人美容整形 芸能人やモデルのように♪

シミ(しみ)除去:レーザー治療

■シミ(しみ)除去:レーザー治療

シミ(しみ)除去に、医療レーザー治療はとても効果的と言われています。
シミ(しみ)除去に対して様々な方法が開発されていますが、レーザー治療は即効性、短期間、安全に悩みが解決出来るというメリットで、今なおシミ(しみ)除去の効果的な治療法として美容整形外科・皮フ科(皮膚科)・美容皮フ科はレーザー治療を行っています。
レーザー治療は、レーザーを照射すると、レーザー光線が皮膚表面を透過し、しみ(シミ)・ほくろ(ホクロ)・あざ(アザ)の色素細胞のみをレーザーの熱で破壊します。
そのため正常な皮膚細胞にはダメージを与えることなくしみ(シミ)・ほくろ(ホクロ)・あざ(アザ)を除去することが出来るのです。
レーザー照射後には、色素沈着が起こることがあります。
特にQスイッチレーザーを使用した場合に起こりやすいです。
色素沈着は、肌質やカサブタが早くはがれてしまったことにより一時的に茶色くなる現象で、しみとは本質的に異なります。通常、紫外線をカットして美白剤の外用や、イオン導入を行うと、3〜6ヶ月でだんだんうすくなります。人によっては完全に取れるまで1年近くかかる場合もあります。
ただ、しみ(シミ)・ほくろ(ホクロ)・あざ(アザ)の深さによって、1回の照射で消えない場合があります。
その場合は、数回のレーザー照射が必要な場合もあります。
しみ(シミ)・ほくろ(ホクロ)・あざ(アザ)ができてから何年も経過しているものは、沈着したメラニン色素の量が多いので、色素の破壊に時間がかかることが多いという理由です。

●Qスイッチレーザー
Q スイッチレーザーは確実に色素斑の病変部を破壊して治療効果が確実に期待できるが、レーザー照射後5−10日間程度痂皮を形成するために、照射部位の化粧が出来ない。
また、レーザー照射後1-3ヶ月間は炎症後色素沈着のためにかえって色調が濃くなることがある。
炎症後色素沈着を抑制するために、後治療として美白剤を使用すると効果的である。
治療後も遮光は当然ながら必要である。

●CO2(炭酸ガス)レーザー
老人性色素斑に脂漏性角化症を伴っているときは、CO2レーザーで脂漏性角化症の部位を照射して除去する。それ以外の老人性色素斑部位はQスイッチレーザーなどの治療を行う。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3603776
美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る