芸能人美容整形 芸能人やモデルのように♪

豊胸:バストアップ以外のバストの悩み

豊胸:バストアップ以外のバストの悩み

「胸が小さい…」「胸の形が悪い…」、女性の悩みの中で、豊胸に関する悩みはとても多いです。
バストアップときれいな形のバスとの維持は女性の永遠の憧れです。
豊胸術にはたくさん種類がありますが、バストアップ以外のバストの悩みも美容整形で解消できます。

●乳頭縮小
大きすぎる乳頭(乳首)を小さくキレイに整えるのが乳頭縮小手術です。

●乳輪縮小
先天的に乳輪が大きい、授乳によって乳輪が広がって大きくなった、成長過程に伴い乳輪が大きく広がってしまったなどの乳輪の大きさを小さく整えるのが乳輪縮小です。

●バスト脂肪吸引(乳房縮小、バスト吊上げ)
大きすぎるバストにより肩こりなどで悩む方などバストを少し小さくしたい方や大きく下がったバストの方、左右非対称のバストの方におすすめです。

●陥没乳頭
出ているはずの乳頭(乳首)が、引っ込んだ状態の陥没乳頭をキレイに出すのが陥没乳頭手術です。

●乳頭・乳輪黒ずみ除去
黒ずんでしまった乳頭・乳輪の黒ずみを除去します。レーザーやクリームなど使用し色素を分解していきます。




>>>芸能事務所も採用している自宅で簡単に出来るバストアップ豊胸法

バストがきれいと評判な芸能人
ほしのあきさん、後藤真希さん、叶姉妹、優香さん、釈由美子さん、長澤まさみさん、眞鍋かをりさん、井上和香さん、藤原紀香さん、綾瀬はるさん、か安めぐみさん、常盤貴子さん、熊田曜子さん、MEGUMIさん、安田美沙子さん、小池栄子さん、沢尻エリカさん、夏川純さん、米倉涼子さん、乙葉さん、杉本彩さん、佐藤江梨子さん、井川遥さん、倖田來未さん、雛形あきこさん、磯山さやかさん、蛯原友里さん、森下千里さん、鈴木京香さん、松下由樹さん、根本はるみさん、梨花さん、青木さやかさんなど

美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る

★美容整形 芸能人やモデルのように♪

豊胸:ヒアルロン酸注入法(SUB-Q:サブキュー)

豊胸:ヒアルロン酸注入法(SUB-Q)

「胸が小さい…」「胸の形が悪い…」、女性の悩みの中で、豊胸に関する悩みはとても多いです。
バストアップときれいな形のバスとの維持は女性の永遠の憧れです。
豊胸術にはたくさん種類がありますが、「バックを挿入する方法」「脂肪注入法」「ヒアルロン酸注入法(SUB-Q)」などが最近の豊胸の主流です。

ヒアルロン酸注入法(SUB-Q)の一番大きな特徴はメスを一切使わず、皮膚を切開することも、穴をあけることもない簡単なバストアップ術です。
SUB-Q(サブキュー)と呼ばれるヒアルロン酸を注射器で注入し、形良く整えまちとは違います。
SUB-Q(サブキュー)とはヒアルロン酸の一種で、一つ一つの分子(粒子)も大きくボリュームアップにしやすく体内に注入しても安全なものです。
メスを使用しない手軽さから、プチ豊胸ともよばれてます。
ヒアルロン酸は、もともと人体の皮膚(真皮内)、関節液などの人間の細胞間組織に広く存在するムコ多糖ですので身体に安全です。
注入時にも乳腺は一切傷つけませんので、妊娠や授乳にも全く影響ありません。
ヒアルロン酸は身体に吸収されて無くなりますので、いずれ元のバストに戻ります。
最大のメリットは、注入直後から、バストアップを実感できること、そして傷跡がつかないことです。
ヒアルロン酸注入法(SUB-Q)1回の注入で1〜2CUPのサイズアップが可能です。
手術時間も短く30分程の治療時間で終了します。
ヒアルロン酸注入当日より通常の生活が可能です 。
デメリットとしては、注入するヒアルロン酸の質により、わずか1〜2ヶ月という短期間で吸収されてしまうことがある。 逆に長期間保持できた場合も、すべてが吸収されず胸の感触が硬くなることがある、。
そして短期間の豊胸術にもかかわらず、ヒアルロン酸の原価が高く治療費が他の豊胸手術と大差ないほどに高くなるなどの問題点があります。




>>>芸能事務所も採用している自宅で簡単に出来るバストアップ豊胸法


バストがきれいと評判な芸能人
ほしのあきさん、後藤真希さん、叶姉妹、優香さん、釈由美子さん、長澤まさみさん、眞鍋かをりさん、井上和香さん、藤原紀香さん、綾瀬はるさん、か安めぐみさん、常盤貴子さん、熊田曜子さん、MEGUMIさん、安田美沙子さん、小池栄子さん、沢尻エリカさん、夏川純さん、米倉涼子さん、乙葉さん、杉本彩さん、佐藤江梨子さん、井川遥さん、倖田來未さん、雛形あきこさん、磯山さやかさん、蛯原友里さん、森下千里さん、鈴木京香さん、松下由樹さん、根本はるみさん、梨花さん、青木さやかさんなど


美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る

★美容整形 芸能人やモデルのように♪

豊胸:脂肪を注入する豊胸術

豊胸:脂肪を注入する豊胸

「胸が小さい…」「胸の形が悪い…」、女性の悩みの中で、豊胸に関する悩みはとても多いです。
バストアップときれいな形のバスとの維持は女性の永遠の憧れです。
豊胸術にはたくさん種類がありますが、「バックを挿入する方法」「脂肪注入法」「ヒアルロン酸注入法(SUB-Q)」などが最近の豊胸の主流です。

脂肪を注入する豊胸術は自分の太ももやお腹などの脂肪を吸引し、その脂肪を注射器にいれ、バストに注入する方法です。
ですから下半身デブなのに貧乳でお悩みなら、この豊胸施術法がおすすめです。
自分の脂肪を吸引・注入するため拒否反応がないのも安心です。
バックのような硬さも異物感もなくレントゲンにも写りません。
切開は行いませんので傷跡が残る心配はなく身体への負担も少ないのがこの豊胸術の特徴です。
脂肪というのは水に浮くほど軽いものなので、ある程度の量をいれないといけないのがデメリットです。
そして注入した脂肪が全て胸に定着するわけではないので、ワンサイズのバストアップが限度ですが最近では2〜2.5カップのバストアップが可能になってきているようです。




>>>芸能事務所も採用している自宅で簡単に出来るバストアップ豊胸法

バストがきれいと評判な芸能人
ほしのあきさん、後藤真希さん、叶姉妹、優香さん、釈由美子さん、長澤まさみさん、眞鍋かをりさん、井上和香さん、藤原紀香さん、綾瀬はるさん、か安めぐみさん、常盤貴子さん、熊田曜子さん、MEGUMIさん、安田美沙子さん、小池栄子さん、沢尻エリカさん、夏川純さん、米倉涼子さん、乙葉さん、杉本彩さん、佐藤江梨子さん、井川遥さん、倖田來未さん、雛形あきこさん、磯山さやかさん、蛯原友里さん、森下千里さん、鈴木京香さん、松下由樹さん、根本はるみさん、梨花さん、青木さやかさんなど



美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る

★美容整形 芸能人やモデルのように♪

豊胸:バックを挿入する豊胸術

豊胸:バックを挿入する豊胸

「胸が小さい…」「胸の形が悪い…」、女性の悩みの中で、豊胸に関する悩みはとても多いです。
バストアップときれいな形のバスとの維持は女性の永遠の憧れです。
豊胸術にはたくさん種類がありますが、「バックを挿入する方法」「脂肪注入法」「ヒアルロン酸注入法(SUB-Q)」などが最近の豊胸の主流です。

現在、豊胸手術で主流なのがプロテーゼバッグを入れる方法。
ワキの下にある横ジワに沿って約3〜4cm切開し、プロテーゼバッグを人工乳腺を乳腺の下に挿入します。
筋肉の下にいれる大胸筋下法という豊胸手術法もあります。
バックを挿入する手術では、ワキの下のシワに沿ってメスを入れるで傷跡が目立たないのもうれしいですね。
最新の豊胸用バッグは安全性が高く、触り心地も自然の胸に近づいています。
耐久性も向上しているので、破れたりすることもほとんどないと言われています。
豊胸用バッグは、美容整形外科によって呼び名も違いますが、シリコンバッグ、CMCバッグ、コヒーシブバッグ、ハイドロジェルバッグ、生理食塩水バッグなどにわけられます。
バックを挿入する豊胸術のデメリットとしては、異物の挿入であるため、拒絶反応がおきる危険性がある、 豊胸手術後、マッサージなどの痛みをともなうケアが負担、 経年変化により、バッグが硬化して胸がいびつになるリスクがある、バッグ挿入により、胸が不感症になる場合がある、 加齢によって他の部位が老化し変化しているのに、豊胸手術をした胸だけが若く、違和感を生じるなどがあげられます。
安全性の高さ、感触、それぞれ特徴がありますので、豊胸手術の際はしっかりと医師のカウンセリングを受けてから決めてくださいね。
医師との相談では、豊胸手術に対する失敗や不安、後遺症、豊胸手術後の経過状況などきちんと確認しましょう。
そして美容整形のサイトには手術前、手術後の写真画像や豊胸手術体験談などが掲載されていますので参考にして下さい。




>>>芸能事務所も採用している自宅で簡単に出来るバストアップ豊胸法

バストがきれいと評判な芸能人
ほしのあきさん、後藤真希さん、叶姉妹、優香さん、釈由美子さん、長澤まさみさん、眞鍋かをりさん、井上和香さん、藤原紀香さん、綾瀬はるさん、か安めぐみさん、常盤貴子さん、熊田曜子さん、MEGUMIさん、安田美沙子さん、小池栄子さん、沢尻エリカさん、夏川純さん、米倉涼子さん、乙葉さん、杉本彩さん、佐藤江梨子さん、井川遥さん、倖田來未さん、雛形あきこさん、磯山さやかさん、蛯原友里さん、森下千里さん、鈴木京香さん、松下由樹さん、根本はるみさん、梨花さん、青木さやかさんなど


美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る

★美容整形 芸能人やモデルのように♪
美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る