芸能人美容整形 芸能人やモデルのように♪

美容整形を無料、格安で行うお得な裏情報

美容整形を無料、格安で行うお得な裏情報

美容外科病院で整形手術を受けようと思うとき、費用、予算のことってかなり大きいと思います。
「激安」「格安」という安いえを売り物にしている美容外科病院もありますが、やはり手術ですから価格、値段だけでは決められません。
お医者の技量、設備、雰囲気、施術実績、成功例、失敗例、トラブル、口コミなど美容整形病院を選ぶ基準はたくさんあると思います。
そこで本当に美容整形手術を検討している方は、無料モニターもチェックしてみてはいかがでしょうか?
料金価格の費用面は無視できないですからね。
無料は大きいですよ。
ネットで検索してみると美容整形の無料モニター募集は結構あるものです。
もちろん条件などあるでしょう。
無料モニターとしてできるものとできないももちろんあります。
手術前、手術後の写真の提供、テレビ、新聞、雑誌、ネットなどに顔、名前含めて出演顔出しもあるかもしれません。
それでも問題なければ無料というのは大きな魅力です。
キャンペーンも定期的に行われているようです。
美容整形外科のネットホームページでキャンペーンをこまめにチェックしましょう。
お得な情報がたくさん掲載されていますよ。

美容整形リスクチェック
手術後のトラブルを避けるためにも、きちんとその受けたい手術に関しての確認は必要です。
失敗例、腫れ、痛み、手術経過後のフォロー、医療ミス、手術内容詳細、死亡例、後遺症、おこりうるトラブルは必ず確認しましょう。


美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る

美容整形 芸能人やモデルのように♪

脂肪吸引:シリンジ法・スマートリポ

脂肪吸引:シリンジ法・スマートリポ

●シリンジ法
カニューレ(吸引管)を使わずに脂肪吸引専用の注射器を使用します。
手作業で丁寧に吸引を行いながら深部の多量な脂肪吸引を滑らかに取り除きます。
気になるところをピンポイントで取ることができ、他の組織も傷つけることがないので、安全性の高い施術法だといえます。
浅い部分の脂肪吸引には向いていないとされ、深部が対象となります。
1990年代に入ってアメリカで開発された方法です。
脂肪吸引より脂肪吸引注入時に利用されることが多いようである。
ただ非常に手間がかかり、吸引力も弱く効果が安定しませんので現在、ほとんどのクリニックで行われていません。
特徴として人工乳腺は多種類あり、体質や好みで選択できる、日帰り手術が可能、左右の脂肪吸引の吸引量を正確にそろえることができるなどがあげられます。

●スマートリポ
痩せたい部分の脂肪吸引層内に、先端からYAGレーザー(脂肪吸引溶解レーザー)を照射する直径 1ミリに満たない太さのレーザーカニューレを差し込み、照射します。
1ヵ所につき約10分間のレーザー照射を行い、脂肪吸引細胞を蒸散させる新しい技術です。
YAGレーザーはその熱効果で脂肪吸引細胞の膜をやぶり脂肪吸引をオイル状に溶解するとともに、皮下に存在する毛細血管からの出血を同時に止血してしまうため内出血、腫れが抑えられ、ダウンタイムのない最新の痩身術です。

脂肪吸引・部位別チェック
顔(頬、あご)、二の腕、ひざまわり、背中、腹部(上腹部、下腹部)、太もも、ふくらはぎ、尻、足首などが脂肪吸引できます。
場所よって金額や手術の方法も違いますのできちんとご確認ください。

美容整形リスクチェック
手術後のトラブルを避けるためにも、きちんとその受けたい手術に関しての確認は必要です。
失敗例、腫れ、痛み、手術経過後のフォロー、医療ミス、手術内容詳細、死亡例、後遺症、おこりうるトラブルは必ず確認しましょう。



美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る

美容整形 芸能人やモデルのように♪


脂肪吸引:超音波式脂肪吸引法

脂肪吸引超音波脂肪吸引

超音波脂肪吸引法もカニューレを挿入、脂肪吸引を吸引する方法ですが、カニューレ式とはプロセスが若干違います。
超音波脂肪吸引法は、超音波の作用によって脂肪吸引細胞の破壊や細胞間の結合を緩めることを目的としています。
超音波マッサージを行い、脂肪吸引細胞を柔らかく乳化し、吸引しやすくなったところでカニューレを挿入、脂肪吸引を吸引することにより効率の良い脂肪吸引を行うことができます。
従来のチューメセント法を基本として、体内式と体外式の2種類の超音波脂肪吸引法があります。
超音波脂肪吸引法の特徴としてカニューレ法よりも自然な仕上がりにできること、短時間により多くの脂肪吸引を吸引すること、内出血が少ない、 回復が早い、吸引のムラが発生しにくい、体への負担が少ない、腫れや痛みが少ない、従来より広い範囲の脂肪吸引が可能ができることがあげられます。
日本では体外式超音波脂肪吸引が一般的です。
では、どんな脂肪吸引でも超音波を用いた方がいいのかというと、そうではありません。
超音波は熱を発生しますので、必要以上に用いたりすることで熱傷が起こることもあります。
つまり、必要な時に適切に超音波脂肪吸引器を用いることが満足する結果につながります。

脂肪吸引・部位別チェック
顔(頬、あご)、二の腕、ひざまわり、背中、腹部(上腹部、下腹部)、太もも、ふくらはぎ、尻、足首などが脂肪吸引できます。
場所よって金額や手術の方法も違いますのできちんとご確認ください。

美容整形リスクチェック
手術後のトラブルを避けるためにも、きちんとその受けたい手術に関しての確認は必要です。
失敗例、腫れ、痛み、手術経過後のフォロー、医療ミス、手術内容詳細、死亡例、後遺症、おこりうるトラブルは必ず確認しましょう。



美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る

美容整形 芸能人やモデルのように♪


脂肪吸引:カニューレ式脂肪吸引法

脂肪吸引カニューレ脂肪吸引

脂肪吸引で主流なのが、カニューレといわれる細い管を用いて皮下脂肪吸引を除去する脂肪吸引法施術法です。
カニューレは、先端にいくつかの穴があいた直径2〜3.5mmの吸引管となっており、脂肪吸引内に挿入し、カニューレを前後に運動させることによって、先端にある穴に脂肪吸引組織が吸い込まれ、脂肪吸引が取れるという仕組みです。
カニューレは長さや先端のホールパターン(穴の種類)などたくさんあります。
症例や脂肪吸引の部位によってカニューレを細かく使い分けます。

カニューレ脂肪吸引の特徴
太さ2〜4ミリのカニューレといわれる細い管を用いて皮下脂肪吸引を除去する施術法。
肥満は脂肪吸引細胞が大きくなることで起こるという点に眼をつけた手術で、脂肪吸引細胞そのものを吸引します。脂肪吸引細胞そのものを取り除くので、比較的太りにくい体質になります。
特徴として、脂肪吸引細胞を取り除いてしますので、ダイエットに比べてリバウンドの可能性が少ないこと、カニューレを挿入する傷口は5ミリ以下の小さなもので、目立たないということがあげられます。

脂肪吸引・部位別チェック
顔(頬、あご)、二の腕、ひざまわり、背中、腹部(上腹部、下腹部)、太もも、ふくらはぎ、尻、足首などが脂肪吸引できます。
場所よって金額や手術の方法も違いますのできちんとご確認ください。

美容整形リスクチェック
手術後のトラブルを避けるためにも、きちんとその受けたい手術に関しての確認は必要です。
失敗例、腫れ、痛み、手術経過後のフォロー、医療ミス、手術内容詳細、死亡例、後遺症、おこりうるトラブルは必ず確認しましょう。



美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る

美容整形 芸能人やモデルのように♪


脂肪吸引の流れ

脂肪吸引の流れ

脂肪吸引の手術に関しては、医院によって色々な名称が存在し戸惑うこともあるかと思いますが基本的な方法にそれほど差はありません。
カニューレ、スキンガードプロテクターが基本の脂肪吸引使用器具で、超音波式の場合はその機材を使用します。
必ず麻酔を使って行う手術になります。
通常、麻酔は局所麻酔、硬膜外麻酔、静脈麻酔、吸入麻酔などを併用して行います。
カニューレ脂肪吸引細胞のみを吸引する吸引管です。
脂肪吸引をする時に、カニューレを前後に動かします。
その前後運動の時に、摩擦運動も起こります、その摩擦運動によって、できてしまう傷を保護するのがスキンガードプロテクターです。
綺麗に美しい仕上がりにするための、脂肪吸引カニューレによる、摩擦運動での傷を保護することは、とても重要になってきます。
傷を目立たせることなく、美しい仕上がりを目指す場合、スキンガードプロテクターの役割は大切です。

脂肪吸引の流れ
脂肪吸引プロセス1 カニューレ脂肪吸引層内に挿入します。
脂肪吸引プロセス2 カニューレの引圧(吸い込む力)で先端にある穴に脂肪吸引組織が入り込みます。
脂肪吸引プロセス3 カニューレを前後運動することにより、穴のエッジに力が加わり、脂肪吸引が切り取られます。
脂肪吸引プロセス4 切り取られた脂肪吸引が吸引されます。

脂肪吸引の術後は3日後、7日後など定期的な再診を行い、術後の経過を確認することも重要なポイントになります。
負担も大きいので何回かに分けて行うことも多く、全身を一度にできると宣伝する医院の中には、範囲を広くして費用を多めにとり、脂肪吸引を十分に取らないこともあり、医院選びには注意が必要です。

美容整形リスクチェック
手術後のトラブルを避けるためにも、きちんとその受けたい手術に関しての確認は必要です。
失敗例、腫れ、痛み、手術経過後のフォロー、医療ミス、手術内容詳細、死亡例、後遺症、おこりうるトラブルは必ず確認しましょう。


美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る

美容整形 芸能人やモデルのように♪

脂肪吸引について

脂肪吸引について

脂肪吸引というととても怖いイメージがありますね。
脂肪吸引は1921年フィッシャーにより初めて行われ、 1977年にフランスのイルーズ医師によって始めたカニューレ吸引法が現在の主流と言われています。
日本で脂肪吸引が始まってから、すでに20年近くが経過しており、多くの施術が行われています。
脂肪吸引の技術の進歩は著しく、吸引管の改善、超音波吸引器など様々な改良が行われてきました。
正しく行えば安全に確実に脂肪吸引を除去することができ、リバウンドを起こさない効果的な治療です。
顔や体の脂肪吸引というのは、油の塊ではなく、丸い粒状の脂肪吸引細胞が密集した状態です。
脂肪吸引細胞は、例えるとイクラのようなつくりになっており、一粒一粒の細胞の中に脂肪吸引分が貯えられています。
この脂肪吸引細胞は、成人してからは一定の数で、増えることも減ることもありません。
太るのは、脂肪吸引細胞が過食によって体内に入ってきた脂肪吸引分を貯め込んで膨れるからなのです。
ダイエットで痩せるのは、食事制限や運動により、貯め込んだ脂肪吸引分が消費されて細胞がしぼむことによって痩せるのです。
しかし脂肪吸引細胞はしぼんだだけで消えたわけではないので、ダイエットに成功して痩せたとしてもリバウンドする可能性があるのです。
脂肪吸引とは、脂肪吸引細胞を除去する手術なので根本的なところから絶つのです。
除去した脂肪吸引細胞がもう増えることはないので、ダイエットと違いリバウンドの心配がないのです。
脂肪吸引は顔、二の腕、腹、太腿、ヒップ、ふくらはぎ等の部位はどれも同じように脂肪吸引すればいいと言うものではありません。
もともとの皮膚の張り具合や、脂肪吸引の付き方を考えながらデザインして脂肪吸引する必要があります。
ただ脂肪吸引は油で水よりも軽いので、たくさん脂肪吸引を取ったとしても体重にはあまり変化はありません。
体重ではなく、見た目を整えるのが脂肪吸引といえるでしょう。
脂肪吸引はダイエット、痩身の最終兵器ですね。

美容整形リスクチェック
手術後のトラブルを避けるためにも、きちんとその受けたい手術に関しての確認は必要です。
失敗例、腫れ、痛み、手術経過後のフォロー、医療ミス、手術内容詳細、死亡例、後遺症、おこりうるトラブルは必ず確認しましょう。


美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る

美容整形 芸能人やモデルのように♪
美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る