芸能人美容整形 芸能人やモデルのように♪

首いぼ(首イボ)除去・治療

■首いぼ(首イボ)除去・治療

首にできる細かいイボのことを、首いぼ(首イボ)、スキンタッグ、アクロコルドンと呼びます。
首いぼ(首イボ)は、ウイルス性で首だけでなく、胸や脇にもみられます。
首いぼ(首イボ)すなわちアクロコルドンは、場所が首だけに多数発生していると見苦しいので除去治療したいという人が多数です。
美容整形で綺麗を目指しているあなたなら首イボは除去治療しないといけませんね。

首いぼ(首イボ)の色は皮膚色〜皮膚色より少し濃い色で、大きさは1〜数mmほどの小さないぼ(イボ)です。
ウイルス感染が原因で、人から人へ首いぼ(首イボ)がウイルス感染します。
足の裏の場合は、プールや温泉などのマットやスリッパ、大勢の人が裸足で歩き回る場所で感染します。
手の場合は、直接の接触感染やタオルを介してのウイルス感染が考えられます。
そのまま放置していると皮膚の表面で感染が広がって大きくり、数が増殖する可能性があります。
家庭で、家族に感染させる心配もありますので、治療は早めにした方が良いでしょう。

首いぼ(首イボ)の治療法としてはピンセットで摘み取る、小さなハサミで切り取る方法や、液体窒素で冷凍凝固する方法が代表的です。
これらの首いぼ(首イボ)治療法には保険が適用されます。
液体窒素で効果が見られない難治性のイボに対しては、レーザー治療(炭酸ガスレーザー)などの特殊治療を行ないます。
飛び出ているものはハサミ、それ以外は炭酸ガス(CO2)レーザー治療という首いぼによって治療を分けている皮膚科クリニックもあります。

はさみによる首イボ除去は、一番痛みや跡が残りそうですが、実は逆でうまくいくと数日でほとんどわからなくなります。
ただ、飛び出ているタイプの首イボでなく、皮膚に引っついているタイプの首イボですとハサミでのイボ除去は熟練技術を要します。






水いぼ(水イボ)原因

■水いぼ(水イボ)原因

水いぼ(水イボ)は、伝染性軟属腫、ポックスウイルスによる皮膚感染症ともいいます。
水いぼ(水イボ)は1〜6歳くらいの子供によくできる、伝染性の強いいぼです。
成人の水いぼ(水イボ)は、性器周辺にできたものが性行為によって伝染することがよくあります。
周囲の皮膚と同色または白色の、表面がツヤツヤしたなめらかな表面をもったいぼができます。
わきの下など、皮膚がすれ合うやわらかいところによくできますが、ほとんどの場合かゆみや痛みはありません。
この感染症でできるいぼは直径約6ミリメートル以下で、いぼの中央部に小さいくぼみがあります。
水いぼ(水イボ)をつぶすと、白くて小さい粒のようなものが出てきます。
これが水いぼ(水イボ)の原因のウイルスのかたまりです。
水いぼ(水イボ)の原因となるウイルスは伝染性で、皮膚が直接接触することでうつります。
水いぼ(水イボ)はプールやおふろなど、肌がふれあう場所で感染しやすいので、完治するまでは気をつけてください。
アトピー性皮膚炎の子は水いぼ(水イボ)がうつりやすいので、特に注意が必要です。
水いぼ(水イボ)の普段のケアとしては、接触による感染を防ぐことが大切になります。
水いぼ(水イボ)のほとんどは、1〜2年で自然治癒しますので、外観の点で気にならない限り特に治療する必要はありません。

美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る






いぼ(イボ)とは

■いぼ(イボ)とは

いぼ(イボ)っていやですよね。
いぼ(イボ)ってなんなんでしょう。
いぼ(イボ)とは、皮膚から盛り上がっている小さなできもののこと。
漢字で「疣」と書きます。
ウイルス由来の形や色も様々な皮膚病の一種であり、いぼ(イボ)という言い方は俗語である。

いぼ(イボ)の種類には、老人性角化腫(別名・老人性疣贅・老人性イボ)、伝染性軟属腫(別名・水イボ)、水痘(別名・水ぼうそう)、魚の目(別名・鶏眼)、フォアダイス(別名・真珠様陰茎丘疹・無害である)などがあります。

いぼ(イボ)は通常は、1〜2年以内に自然に消える事が多く、跡が残ることはほとんどないので、特に治療の必要はない。
目立ついぼ(イボ)や足底疣贅など治りにくいものは、液体窒素療法といって氷で焼く方法などがある。
性器いぼ治療用のクリームとして、イミキモドが使用されることもある。

日本各地にはイボ地蔵(いぼ神様、いぼとり地蔵、イボ取り神様)が存在し、お祈りすると治ったという伝説があるが、効果のほどは証明されていない。関西では、トリハダのことをサブイボ(さぶいぼ)と言います。
突起状のものがあると、「いぼいぼ」(イボイボ)といってしまいます。

美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る






美容整形 芸能人やモデルのように♪ トップページへ戻る